TEL 075-221-3926

〒604-8242 京都市中京区西洞院六角上る柳水町93

京都 中京区 歯科 小児歯科 歯周病予防|菅原歯科医院

歯周病予防

料金表

Q&A

求人案内

各種クレジットカードがご利用可能です
Mobile Site

歯周病予防

歯周病は虫歯と並んで歯の病気の代表的なものにあげられます。
虫歯は歯そのものが破壊される病気ですが、歯周病は歯を支えるまわりの組織(歯周組織)に起こる病気です。

歯周組織は歯肉(歯茎)と歯槽骨(歯を支える骨組織)、歯根をおおうセメント質、歯根と歯槽骨をつなぐ歯根膜からなり、歯をしっかりと付着、固定するための強固な構造を備えています。しかし、歯磨きが不十分であると歯と歯肉(歯茎)の間に歯垢(プラーク)が付着して、歯周病の初期症状である、歯肉炎(歯茎が炎症を起こして腫れている状態)を引き起こします。

軽度の歯肉炎では自覚症状も乏しく、痛みもほとんどありませんが、放置すると、歯垢(プラーク)が石灰化して歯石になり、歯に付着すると、歯ブラシ等では取り除きにくくなります。

この歯石が歯周病を悪化させる原因で、さらに炎症が歯肉(歯茎)の内部に進行すると、歯根膜や歯槽骨を破壊されて歯を支える組織が喪失し、重篤な歯周病では歯が抜けて喪失してしまいます。

歯周病チェック項目 こんな事に心当たりはありませんか?

  • 歯磨きをすると歯肉(歯茎)から出血することがある。
  • 歯肉(歯茎)が腫れたり、痛むことがある。
  • 歯肉(歯茎)がむずがゆい感じがする。
  • 歯肉(歯茎)からウミが出ることがある。
  • 朝起きたときに口が粘ついたり、妙な味がする。
  • 口臭があり、口が臭いと言われたことがある。
  • 冷たいものを食べたり、飲んだりすると、虫歯もないのに歯がしみて痛い。
  • 歯と歯の間によく食べ物が挟まる。
  • 歯がグラグラと動く感じがする。
  • 鏡で見ると、以前よりも歯が長くなったような気がする。
Page Top